ETCカードゲートが開かない時もある?

有料道路の料金所に設置されているETCレーンは、時速20km以下で通行することが決められています。
通常、この速度なら問題なく開閉バーは開くはずですが、不具合があった場合は、バーが開かないことがあります。
その場合、普通自動車はバーの接触しない位置で停車して待機します。
係員がインターフォンで対応しますので、インターフォンの音が聞こえるように窓を開けて指示を待って下さい。
二輪車の場合は、退避ゾーンよりバーを通過します。
決してUターンしてはいけません。
ETCカードの進入記録が無いわけですから、出口でETCレーンを利用しても開閉バーは開きません。
一般レーンへ入り、出口で入り口のバーが開かなかったことを説明して係員の指示に従います。
ETCカードと車載器の搭載が確認できれば、ETC割引が適用されるようです。